勧業試験場 色絵金彩双耳飾壺

作品の解説

この作品は試作的なレベルを超えるものがあり、明治九谷の歴史を物語る希少な作品と考えられます。白の絵の具が九谷焼のために開発される(明治24年友田安清(九径)が画期的な白の絵の具を開発した)以前にこれだけの白さに仕上がっていたのは驚きであり、意義ある作品といえます。

勧業試験場で技術的な試みがいろいろ試みられた中で洋絵の具を九谷焼に使用するための研究がなされました。数々の中間色が使えるように実験が繰り返され、その研究成果が輸出九谷を技術面で支えたといわれます。

双耳の壺や香炉は明治九谷の花形輸出でしたが、その双耳の原型といえる形です。彫刻を施した置物の成形を応用して、かたどった鳳凰を双耳として装飾性を増そうとしたと試みたと考えられます。

銘は「石川縣勧業場製」と書き入れられてます。

作品の制作者

石川県勧業試験場   明治7年(1874)ー明治13年(1890)

石川県勧業試験場は短い間でしたが、石川県が殖産興業と輸出振興のために九谷焼の生産を奨励する目的で、教育的、実験的な機関として運営され、九谷焼を試作しました。藤岡外次郎(岩花堂) 、松田与八郎、和沢含山らの製陶技術者、後に明治九谷の名工と呼ばれた小寺椿山、赤丸雪山ら陶画工が教授でした。

技術的な実績を積み上げて、試作品を展覧会などに出品するほどのレベルまでになりました。その一例が、明治10年(1887)、東京で開催された第一回内国勧業博覧会において綿野源右衛門(綿野吉二の父)、阿部碧海、円中孫平、笹田友山、浅井一毫などの名工と共に勧業試験場の作品が出品され受賞したといわれます。

また、初代 須田菁華、秋山駒次郎らが養成されました。

明治13年(1890)、その先導的な役割を果たした後、閉ざされましたが、窯自体は藤岡岩花堂に引き継がれました。

管理№ 18060606
展示開始年月日 200018.6.6
売却 検討中
備考