三ツ井為吉 倣古九谷石畳文飾皿

作品の解説

この作品は正に古九谷風の色絵を凝集した倣古九谷です。為吉が初代 徳田八十吉から九谷五彩を学んだことで鮮やかな五彩手を再現しました。

見込みに中国風の風景図と古九谷特有の色絵石畳文と木瓜文はどこを見ても古九谷の五彩手と一瞬見間違えるほど大皿です。裏面にも繋ぎ文様がいかにも古九谷らしく描かれています。

サイズ 径 約27 cm 高台径 約15.5 cm 立上り 約3.8~3.5 cm(歪みのため)

石畳文に囲まれた見込みには人物と花が描かれています。唐人の親友二人が花をつけた二本の木の下で別れる情景を表したと見られる図案で、古九谷らしい雰囲気のある作品に仕上げています。

見込みは口縁に向かって碗状に拡がり、口縁部は3cm幅で外反りに開いています。この形状は古九谷の大平鉢にある二段鉢によく似ています。

銘は二重角に「九谷/為吉」と書き入れ、共箱に「為吉」と共書きされています。

古九谷と同じ「二重角福」にしなかったのは、古九谷の写しではなく、古九谷に強い思慕をもって古九谷を倣って制作した為吉自身の情熱を表すためであったように感じます。

作品の制作者

三ツ井為吉  明治36年(1903)-昭和33年(1958)

三ツ井為吉は、明治九谷にあって一つの分野となった倣古九谷の作風を創った名工 初代徳田八十吉に学び、それを継いだ三ツ井は古九谷の再現をさせた名工の一人と考えられます。

このため、三ツ井為吉の作品は、当時、金沢の鏑木商舗によって、徳田八十吉(初代・二代)、浅蔵五十吉、松本佐吉、石村素山らの名工の作品と共に買い上げられました。

管理№ 18081204
展示開始年月日 2019.9.26
売却 検討中
備考