冨田 松鶴 青粒金彩松に鷹図飾壺

作品の解説

羽を広げた鷲の姿が目に入ってきます。羽根の色合いと緻密な描き方に魅了されます。“松に鷹”の図柄は狩野派によって障壁画として描かれ、江戸時代から武士に人気があったことから、明治に入っても“松に鷹”の絵柄は好まれ続けたようです。

それに加え、緻密な青粒の技法が使われています。青粒(あおちぶ)が広まったのが明治末から大正にかれ流行ったといわれます。

サイズ 口径 約11cm 胴径 約17.8cm 高さ 約18.2cm

表の図から一転して、裏側にはやはり狩野派の絵画によく見られた“老松”が描かれ、正面とは対照的な静的な雰囲気を出ています。裏表で静と動とが見事に表現されています。松の葉や松の枝を青粒で表し、立体感を与えています。

表の鷹をよく見ると、鷹が何か獲物を鋭い目で睨めつけ、大きな爪でがっちりとつかんでいた松の枝から正に飛び立とうとしている絵からはこの後に獲物を捕らえたであろうと見事に連想させてくれます。

また、羽根の一枚一枚が鮮明かつ緻密に描かれています。やはり、明治九谷の絵付の緻密さがここでも十分でていることがわかります。

銘は二重角の中に「九谷/松鶴」と入っています。

作品の制作者

初代 富田松鶴(三郎平) 弘化4年(1847)生、大正14年(1925)歿

富田松鶴は斉田伊三郎(道開)門下の陶画工の一人でしたが、慶応3(1867)年に陶画業を開業しました。松鶴の住んでいた佐野村ではもともと国内向の作品が主体に制作されていましたので、富田松鶴の図柄も日本的で、平鉢、蓋物、湯呑、壺などの優品に描かれました。

管理№ 18081404
展示開始年月日 2019.9.26
売却 検討中
備考