制作者不詳 倣古九谷梅の図変形鉢

作品の解説

この作品からは、複雑にからんだ枝につけた紅梅から清楚な香りが漂ってくるようです。そして、その香りを楽しんでいる老人の情感までも伝わってくるようです。赤絵金彩、金襴手の明治九谷とは異なる、古九谷の五彩手で図案や文様が描かれています。

サイズ 横 約37.7cm 縦 約27.5cm 高さ 約5.7cm

松皮菱(まつかわびし)の形をしています。菱形の見込みに絵付するため、対面する二辺の一辺に沿って長く伸びた梅の枝を、向かいのもう一つの辺に沿って岩や灌木などを描き、その間に梅を眺める人物を置くといった画法をとっています。こうした画法は古九谷に見られた土佐派のそれに倣ったと思われます。

内側に反り上がった縁(へり)に六つの小窓をとり、その中に赤い花と宝尽くし文を描いて、小窓の間を紗綾文などでびっしりと加飾されています。当時流行った赤絵金彩などの細描とは異なります。

裏面には大きな緑の葉が描かれ、凹凸文が幅約2.6cmの高台の外側を一周しています。これもまた赤絵や金襴手にない古九谷風の加飾の仕方です。

緑で塗りつぶされた「二重角福」が書き入れています。制作者の銘や「九谷」を入れるのが一般的であった明治期に古九谷を再現しようとした制作者の心情が伝わってきます。

作品の制作者

吉田屋窯が江戸時代末期に古九谷の青手を再興しましたが、五彩手の再興は明治に入ってからとなりました。古九谷五彩の色を探求した初代 德田八十吉、古九谷写しを模索した二代 八十吉、三ツ井為吉初代 松本佐吉らが五彩手の作品を次々に制作しました。

彼らの作品の共箱には、古九谷に思いを馳せ、敬い慕い「古九谷欽慕・・・」「古九谷敬慕・・・」といった文言が書き入れられました。ただ、不詳の制作者がこの作品のように無銘のまま古九谷の五彩手を見事に再現したと思われます。

管理№ 18081809
展示開始年月日 2019.9.27
売却 検討中
備考