九谷庄三銘 彩色金襴手家禽山水図大鉢

作品の解説

この作品には九谷庄三が江戸の末期に開発した“彩色金襴手”(色絵磁器に金泥を焼き付ける)によって、禽獣図、花鳥図、山水図などの金泥の図案と文様が全面に描かれています。こうした画風は「庄三風」と称され、この作品にも明治九谷を代表するその画風が見られます。

サイズ 径 約31cm 高さ 約9.2cm

見込みには庄三の代表的な図案である禽獣図が“彩色金襴手”で彩色されています。庄三は農村の風景を好んだといわれ、農家の庭先にいる雄鶏が見事に描かれていて、大鉢の中心を飾っています。

一方で、伝統的な図案である中国風の山水図、そこに配置された人物も描かれています。なお、文人たちがいる部屋の窓から見える山水図が、左隣の窓に描かれた山水図から取りこんだようで、面白い構図となっています。

裏面には4か所に大きな花が描かれ、緑の地も庄三がよく使った黒呉須で描いた花の文様で埋め尽くされています。

裏銘は「九谷/庄三」と書き込まれています。

九谷庄三の銘は九谷庄三の名声が高まるにつれ、いわゆるブランドの意味が込められていきました。当然、自ら制作したことを表す一行書きの銘「九谷庄三」もありますが、希少です。大部分は工房の製品であることを表す二行書きの銘「九谷/庄三」です。しかし、そうであっても、正に「庄三風」の製品は、後述するように、工房の成り立ちから “九谷庄三が制作したもの”と見なされたといわれます。

作品の制作者

九谷庄三工房  天保12年(1841)-明治16年(1883)

九谷庄三工房は天保12年(1841)に九谷庄三(文化13年(1816)-明治16年(1883))によって能美郡寺井村に開かれました。工房は本焼の窯を持たずに小野窯などから買入れた素地に絵付しました。工房は200人とも300人ともいわれた工人を抱え、分業化よる生産方式で「庄三風」の九谷焼を大量に生産しました。

このような工房でしたからその成り立ちは、安政2年(1855)に入門した初代 武腰善平、元治元年(1864)に入門した中川二作らが早くから庄三を補佐し、また中野忠次笠間弥一郎(秀石)らも庄三を助けたといわれます。

庄三と彼ら高弟によって指示された工人の絵付が厳しく監督監修されたので、ほぼ「庄三風」の完成品ができたといわれます。こうして「庄三風」の製品は精緻で多彩な画風が維持され、大量生産されながらも品質を落とさず、国内外から好評を得ました。

しかしながら、庄三が明治16年に没すると、高弟らはすでに半ば独立していたので、工房をまとめきれず、工房は自然に消滅していったといわれます。

管理№ 19010312
展示開始年月日 2019.9.28
売却 検討中
備考