橋田与三郎 赤絵大黒恵比寿図小皿 三様

作品の解説

「橋田画」と銘が書かれた三枚の“なます皿”に見る三様の違いに興味深く感じます。大黒様と恵比寿様の図案、縁文様、成型、銘などから見て、そもそも三枚の小皿が別の組揃えのうちの一枚であって別々に伝世されてきたものと思われます。

初代 橋田与三郎のような当時の名工が単なる絵付職人と違い、注文に応じて恵比寿様と大黒様を絵付する度に微妙に変化を加えたことがわかり、かえってそれが見どころです。

 

 

①の小皿では、大黒様の“大袋”“小槌”“米俵”が②や③と比べて大きく描かれ、特に、米俵については小さい米俵の上に大黒様がのっているのが普通であるのに対し、ここでは脇に置いています。そして、①だけに恵比寿様の持つ釣り竿に“鯛”が吊るされています。

②の小皿では、恵比寿様と大黒様が見込み一杯に描かれていますが、漁業の神様である恵比寿様につきものの“鯛”が描かれていないのに対し、農業の神様である大黒様の方がきちんと描かれているように見えます。注文主の希望が違っていたようです。

③の小皿では、恵比寿様の後ろに“鯛”の背びれ部分が見えるものの、釣り竿に吊るされているでもなく、抱えているでもないのです(これが普通の恵比寿様の描き方です)。“米俵”や“大袋”などの線描きも綺麗で、金線も極細に引かれています。共通していることは恵比寿様と大黒様の表情がそろって穏やかに描かれていることです。

三枚の縁文様が微妙に異なり、蝶の描き方、亀甲文の中の色が違います。特に、③の小皿では帯状の縁文様の幅が狭く、その分だけ①、②の小皿よりも素地の余白が目立ちます。

三枚の“なます皿”縁にいくほど反り具合が上向きになっています。ただ、①、②の小皿がやや急であるのに対し、③の小皿では少し緩やかになっています。

また、三枚はその径がほぼ同じですが、素地の厚さが異なっていて、①,②の素地が厚く、③が薄く感じます。重さを量ると、①が132g、②が119g、③が96gと異なっています。

三枚の裏銘は「橋田画」と書入れています(同輩の亀田山月と同じ書き方です)。

ただ、②、③は正しい「橋」の字ですが、①の「橋」は異なります。その①だけが「橋田画」の字が表の絵柄と逆さに書き込まれていることが、字の誤いと関連があるように思われてきます。

また、初代の橋田与三郎は当初、「橋田画」と銘を入れましたが、ある時期から「与三郎」に変えたといわれます。その後、代々の橋田与三郎が初代の始めた書き方を踏襲し「与三郎」を草書体で書き入れています。

作品の制作者

作品の制作者につきましては、「橋田与三郎の制作品と陶歴」を検索してください。

管理№ 19042309
展示開始年月日 2019.12.25
売却 検討中
備考