初代 松本佐吉 対の瓢形徳利 二様(よう)

作品の解説

この二組の対(つい)の徳利はいずれも初代 松本佐吉の作品ですが、左側の「三羽鶴文八角瓢形徳利」は緑、黄、紫、青の四彩(青手)で描かれ、

呉須で線描きされています。一方の「花鳥風月徳利」は真っ白な滑らかな素地に九谷五彩で“花鳥風月”が描かれています。

「三羽鶴文八角瓢形徳利」 口径 約1.9 cm 幅 約7.2 cm 高さ 約16.6 cm

「花鳥風月徳利」口径 約2.2 cm 幅 約6.6 cm 高さ 約13.4 cm

 

左の「三羽鶴文八角瓢形徳利」の色合いは右の古九谷『色絵鶴かるた文平鉢』(部分)のそれによく似ています。古九谷を追及した佐吉は青九谷の巨匠とまで称されただけあって、飛翔する鶴の姿を青手で見事に表現しています。

三羽の鶴は黒呉須の縦線が引かれた緑の地の上に飛翔する姿を白抜きにして青手で塗っているのに対し、古九谷の四羽の鶴は呉須の縦横の線で埋め尽くされた緑の平面の上に黄と素地の白だけで飛翔する姿を際立てています。

九谷五彩によって“花鳥風月”が表現された「花鳥風月徳利」は青手の「三羽鶴文八角瓢形徳利」とは全く対照的です。白い素地の上に“花鳥風月”が鮮やかに表現されています。

“花鳥風月”のうち、花鳥は図案で表現されていますが、風月(ここでは“快い風と鮮やかな月”と解釈)を表現するため工夫し、薄緑の“快い風”の中を飛ぶ小鳥と、風になびいている「風」の字が描かれています。

それぞれの共箱の蓋の内側には「佐吉」の署名と印があります。

ただ、「花鳥風月徳利」の共箱には「應需」と書かれ、この徳利が需(もとめ)に応じて制作したと、敢えて共書きしているのをみると、青九谷の巨匠とまで称された佐吉が対照的な二つの徳利を制作したことがわかってきます。

作品の制作者

初代 松本佐吉  明治17年(1884)生、昭和17年(1942)歿

初代 松本佐吉は松本佐平(佐瓶)に陶画を学んだ後、門下の一人となりましたが、明治41年(1908)佐平の養子となり工房「松雲堂」を継ぎました。佐平自身は事情あって金沢の谷口金陽堂に移り、秋山駒次郎が工房の職工長に就きました。

佐吉は古九谷を研究し青九谷の巨匠とまで称されるまでになりましたが、自身の画風は「松雲堂風」と異なりました。

管理№ 18100617
展示開始年月日 2020.1.7
売却 検討中
備考