矢口永寿 赤絵染付雅聚盃

作品の解説

共箱には“雅 聚 盃”と書かれています。箱に収められた呉須赤絵と染付の二つの盃の制作者は初代 矢口永寿(号は清々軒)ですが、二つの盃の作風は永寿の陶歴(後述)を物語るかのように他の九谷焼制作者と異なるものを感じます。

箱書きに“雅”とあるように、永寿が京都で都会的な文化に触れていたので,繊細で鋭敏な感性が育まれ、作品には上品で優雅な,そして洗練された美しさがあります。

永楽和全の高弟 初代 滝口加全、京で修業した染付工 戸崎勘三郎らが永寿窯で活躍した時期があったので、京風の作風が自然とできあがりました。“雅”が溢れる二つの盃を“聚(あつ)められて”この一組ができました。

サイズ 呉須赤絵の盃 口径 約6.5cm 高さ 約2.6cm 染付の盃   口径 約6.2cm 高さ 約2.7cm

一つの盃は、真っ白な見込みに鮮明な赤と緑で小魚と水草が、そして側面には小魚と水草が交互に描かれていて、呉須赤絵風にできあがっています。呉須赤絵が得意であった永楽和全の高弟であった初代 滝口加全の影響を受けたと思われ、京都の洗練された図案がこの作品に表現されています。

この盃の側面には、たゆたうような水草の間を泳ぐ小魚が鮮明に見えてきます。川の流れを眺めていて川の中を描こうとしたような感覚です。こんなところにも、明治大正期の九谷焼とは一風違った風雅さが漂います。

もう一つの盃の見込みに染付で何匹かの小魚が描かれ、小魚の姿には繊細で鋭敏な動きが伝わってきます。

永寿窯には京で修業した戸崎勘三郎という優れた染付工がいて、自らも国内に直接販売するほど優れた染付の作品を制作した時期がありました。この染付工に影響されて制作されたと考えられます。

高台内には「大明成化年製」と染付されていますが、日本で古くから文化人や茶人が憧れた中国陶磁器によく見られた銘を写したようです。鮮明な見込みの図案とは違って、ぼてぼての染付で書かれているのは中国磁器への憧れがそうさせたように思われます。

作品の制作者

初代 矢口永寿  明治3年(1870)生、昭和27年(1952)歿

初代 矢口永寿(号は清々軒)は生来の器用人で、書画骨董にも通じていた人でした。若いころ大阪へ出た後、各地を廻り、帰郷後、黒谷焼という楽焼を始めました。さらに、明治37年(1904)、永楽和全の高弟 初代 滝口加全を迎えて永寿窯を開き、京風の陶磁器を作ることを始めました。

しかし、永寿自身は陶土に触れることもなく、絵筆もとらなかったといわれます。自らの好みを示して京都、能美、金沢から招かれた多数の工人(陶工や陶画工)に制作させました。こうして永寿窯の制作品の質を向上させながら、ついに九谷焼の名工と称せられるようになりました。

その後、永寿窯は初代の作風を二代、代の永寿(共に昧渓(まいけい)と号した)が踏襲し、九谷焼では珍しい茶道具を制作したので、二人は茶道具の名工と呼ばれるようになりました。

管理№ 19032503
展示開始年月日 2020.2.20
売却 検討中
備考