笹田友山 盛金色絵松竹梅図三つ組鉢

作品の解説

この三つ組の鉢では松竹梅の図などが少しずつ大きさを変えてそれぞれに描かれています。繊細な筆致で多彩な色を使って松竹梅図が絵付され、多くのところを金で加飾(盛金)されています。宴席などで異なるお料理を三つ組の鉢に盛り付け、それぞれの鉢を順繰りに回し、取り皿にとってお料理を食べました。

サイズ 小鉢 口径 約17.8cm 高さ 約6.4cm
中鉢 口径 約20.8cm 高さ 約7.2cm
大鉢 口径 約23.8cm 高さ 約8.4cm

 

松竹梅図は、元々中国において松と竹は寒中にも色褪せず、梅は寒中に花開くということから知識人に好まれましたが、日本に伝わってから、江戸時代以降には“目出度い”ことを表す図と考えられ、陶磁器、漆器、染織に描かれることが多くなりました。この三つの鉢の見込みにも多彩な絵の具と金を使って絵付がされ、目出度い図案として描かれています。

さらに、その松竹梅図が文様化されて、松竹梅文に変わり、衣装だけでなく、祝風呂敷、婚礼布団、家具などにひろまり、吉祥文様の代表とし広く用いられるようになりました。この鉢でも側面に描かれた松竹梅文が祝いの文様として欠かせず、盛金や綺麗な彩色で華やかに装飾されています。

明治時代に開発された様々な技法が作品に活かされています。青粒・白粒で松葉と白梅を、盛金で縁の文様を装飾し、そして石目打ちと金のぼかし技法を背景に用いています。

この鉢で用いられた技法

石目打ち 明治10年頃から、花鳥・山水画の空白を細かい点(石目)で埋める画風が流行し 5,6年続いた
盛金 明治15年(1882)、清水美山によって始められた技法で、高い技術と手間暇が必要な技法であった。素地の上に絵具を塗り重ね、焼き重ねながら、ひとつひとつ模様を型取り、その上に本金を塗り重ねる技法である
金のぼかし 明治30年(1897)頃から、テレメン油を使い上絵に濃淡をつける技法が始まると、水金(金彩色に用いる絵付け絵の具)を用いて鮮やかな“ぼかし”を入れる絵付が装飾によく使用された
青粒・白粒 大正元年(1912)ころ、青、白、金の細かい点を素地に密集して施し、素地を彩る技法が確立したといわれてきたが、明治32年まで操業し続けていた藤岡岩花堂の作品にすでに用いられていたことから、既に一部用いられていたと見られる

 

銘は「九谷/友山製」と書かれています。他に「友山堂」「金城/友山」があります。

作品の制作者

笹田友山(蔵二)  天保11年(1840)生、大正3年(1914)歿

笹田友山は幼少より陶画を学んでいたことから、明治5年(1872)32歳のとき、絵付工場を起しました。明治10年(1887)、東京で開催された第一回内国勧業博覧会において受賞しましたが、翌年にその工場を閉じ、内海吉造の為絢社藤岡岩花堂で制作活動を続けて経験を積み、陶画業を再開しました。

友山の作品は、明治15年(1882)同時代の清水美山が盛金の技法を開発して以降、次第に金で装飾したものが作品に多くなったといわれます。

門人に竹内安久、八田逸山など優れた陶画工がいました。

管理№ 19081612
展示開始年月日 2020.3.1
売却 検討中
備考