中野忠次 色絵金彩七福神花鳥山水図皿

作品の解説

表には、明治前半によく見られた割取の中に七福神図、花鳥図、山水図が、裏には四君子図が調合によって得られた様々な中間色で彩られています。

こうした画風と銘「中埜画」から考え、制作者は庄三工房で活躍した中野忠次であると考えられます。

サイズ;幅 約23.4cm 高さ 約4.2cm

中央の割取には明治九谷でよくモチーフにされた七福神図が赤、灰、金銀で彩られています。左の割取には写生画風の花鳥図が、右の割取には水墨画のような山水図が描かれています。そして三つの周りは文様と金襴手や石目打ちで装飾されています。

とりわけ、花鳥図や山水図には、赤、ピンク、灰、茶、肌色、淡青などの中間色で彩られ、金、銀で装飾する技法が使われています。こうして、人物、花鳥、山水などが自然の描写となっています。

この作品で驚かされることは、普通、表に描かれる四君子図が裏一面に巡らされていることです。日本でも工芸品のモチーフとしてよく用いられていましたが、四君子図でもって裏面を覆い尽くしているところが見事です。

蘭、竹、菊、梅の4種の草木が一つ一つ丁寧に中間色がバランス良く塗られ、それぞれの植物がもつ気品のある美しさを際立たせています。自然の美しさを上手く表現し、描き方は精緻を極め、全体が美しく仕上げられています。

銘は「大日本/九谷製/中埜画」と書き入れられ、銘の近くに刻印「九谷」が押されています。原産国の“日本”を入れた明治九谷はその多くが輸出九谷でしたので、輸出のために制作された可能性があります。

作品の制作者

中野忠次  生歿年不明  陶歴不詳

中野忠次の陶歴は不明なところがあります。中野忠次が登場するのは、九谷庄三(天保13年(1816)~明治16年 (1883))には多くの門人がいて、工房の中心が初代 武腰善平、中川二作、小坂磯右衛門、中野忠次、笠間弥一郎などの名工であったといわれていることです。そして、彼らは「庄三風」の画風を充実させ、発展させるために、師の九谷庄三をたすけたということです。

この作品の画風からは「庄三風」よりも金彩を控えめにして、自然の美しさを表現し、精緻に美しく仕上げているところです。それでも九谷庄三から薫陶を受けた者の作品であることが感じられます。

管理№ 19091308
展示開始年月日 2020.3.8
売却 検討中
備考