春名繁春 赤絵金彩庭籠草花図皿

作品の解説

庭籠(にわこ 庭において家禽を入れて飼うための籠)とその周りには草花が咲く、そんなのんびりとした、どこの農村にでも見られる情景が日本画のように描かれていす。

明治初期に九谷庄三が農村の情景を上手く描写した作品を多く制作したことを念頭にして、名工 春名繁春も国内向けにそうした日常的なモチーフにして金襴手や赤絵金彩で丁寧に絵付したと思われます。

サイズ 幅 約20.4cm 高さ 約2.9cm

全体的に赤が際立ちますが、金彩や金襴手を用いているので、やはり明治九谷らしく、華やかに表現されています。見込みの絵は赤絵金彩で(擦れて金彩が剥がれていますが)繊細に絵付けされています。庭籠の中や周りに家禽は見当たりませんが、庭で家禽を飼うのが普通であった、家の庭先が上手く描写されています。

裏面については、たくさんの窪みがあり分厚くごつごつしていますが、描かれた花が表と違う描き方をしています。

銘は画像(左)のとおり「九谷・加長軒製」と書き込まれています。「加長軒」の銘が入っている作品は画像(右)のとおり「加長軒繁春製」の銘の入った名品(図録「鶏声コレクション」から)が1例あるのみです。

春名繁春が一般的なに見られる「栄生堂」とこの「加長軒」とをどう使い分けていたかは不明です。

作品の制作者

春名繁春(栄生堂)  弘化4年(1847)生、大正2年(1913)歿

春名繁春は絵画を加賀藩御抱絵師 佐々木泉龍に、陶画を任田徳次(号 旭山)に学びました。屋号は「栄生堂」です。

明治6年から9年の間に金沢の阿部碧海窯の陶画工として従事していた前後、明治6年(1873)のウイーン万国博覧会、同9年(1876)のフィラデルフィア万国博覧会に出品しています。

明治9年以降に陶器商人 円中孫平の錦窯で陶画工として優品を制作し、その中には70cmの大きな耳付の金襴手の花瓶などがありました。

春名繁春の評判は明治初期において内海吉造と並び称せられるほどで、金沢九谷の名工の一人でした。九谷焼における門人には柳田素山、島田芳山、廣瀬常次郎、平松時太郎などがいました。

明治15年(1882)頃から活躍の場を広げ、金沢を離れて横浜に出て、薩摩焼風の横浜焼の絵付に従事しました。そして、明治22年(1889)に東京職工学校に模範職工として招聴され、同35年(1902)まで東京高等工業学校に勤めました。この間、ゴットフリード・ワグネルの旭焼(ワグネルが開発した釉下彩の技法で作ったもの)を補助し、また図案の雑誌を発行しました。

その後、京都に移り、陶磁器試験所で藤江永孝の下で作品を制作し、さらに九代 錦光山から図案教師として招聴されました。錦光山によって色絵陶器の輸出がされていましたので、春名繁春は図案の制作に携わり装飾の豊かな色絵陶器を制作したといわれます。

管理№ 191007107A
展示開始年月日 2020.4.10
売却 検討中
備考