清水美山の所蔵品と陶歴

「美山」銘の所蔵品

①清水美山 赤絵金彩福祿寿字酒杯 一対

盃の表面に“幸福”と“長寿”の願いを込めた図案と文様が描かれています。三つの漢字の「福禄寿」、見込みの“鶴”、側面の“亀甲文”が緻密に描かれています。

(続く)

 

②清水美山 金彩竹図持ち手付小鉢

金と黒だけで竹の図案を描いていることで、かえって落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

(続く)

 

③清水美山 盛金観桜図飾り皿

水辺で花見を楽しんでいる人々の様子が描かれています。絵の具の無数の点描によって花を浮かびあがせる表現は”盛金”の第一人者らしい一面が見えます。

(売却済み)

清水美山の陶歴

清水美山 文久元年(1861)生、昭和6年(1931)歿

清水美山は絵画を直江菱舟、岩井孝次から、陶画を笠間秀石から学び、さらに明治13年(1880)、東京で岡村忠平から薩摩焼の盛金絵付の技法を修得しました。翌年、金沢で陶画業を始め、その後いろいろな技法や画風を考案したことから、金沢九谷の名工と称されました。

明治18年(1885)、松岡初二と協力して、四分一合金(金属工芸で使われてきた日本古来の色金(いろがね)のひとつで、銀と銅の合金)を陶画に着け、象嵌模様のように表現する技法を編み出しました。合金による上絵付をするという、金沢九谷の特色の一つとなるきっかけを創りました。

また美山が最も得意とした繊細緻密な盛金の技法は、高度な技巧を要する金沢九谷の中でもかなり難しいといわれたもので、素地の上に絵の具を塗っては焼いてそれを繰り返していき、一つ一つの模様を形取りすると、その上を金で塗り重ねるというものでした。こうした絵付は、明治期に世界的なブームを呼んだ“ジャパンクタニ” (輸出九谷)を代表するものの一つとなりました。

清水美山堂
清水美山堂は、明治25年(1892)、初代 清水美山が金沢に開いた九谷焼の店舗で、自作のものと仕入れたものとを扱いました。ただ、昭和11年(1936)に閉店しました。