内海吉造 陶山製 金襴手牡丹に雀図皿

作品の解説

二羽の雀が牡丹の周りを飛び交っている“牡丹に雀”図が一面に赤絵で描かれ、背景を飾るのは明治10年頃から流行った、空白を細かい点(石目)で埋める”石目打ち”です。縁は金襴手の繋ぎ文でより華やかに飾っています。全体に重厚さが感じられる作品です。

サイズ 径約18.8cm 高さ約3.3cm

状態 金彩の薄いところがあるほかは概ね良い

枝が上に向かって伸びて、その枝先が一度皿の外に出てから再び垂れ下がっている牡丹を描いている構図と、それとは対照的に、牡丹の細い金の花脈(薄くなっていますが)の筆づかいが繊細です。

“牡丹に雀”図は江戸時代に著名な画家がモチーフにして名作を残していますが、その中には、父に久隅守景をもつ女性画家といわれた、清原雪信の作品の中のもあり、また、伊藤若冲も“牡丹に雀”の図を描いています。明治になると、こうした日本画などをもとに当時の狩野派などの一流の画家や図案家によって編纂された工芸品のための図案集「温知図録」は、万博に出品する美術工芸品を制作するときに絵手本のように使われました。吉蔵も明治11年(1878)の巴里万博に出品していますので、その図録からモチーフを得て制作したことが考えられます。

赤や金で塗られた表側の絵に対し、裏側は、色絵で、細密に描くというより、見たものをそのままスケッチしているかのような、赤絵とか金襴手を離れ、画家に戻って描いているように見えます。

銘は「大日本九谷/陶山製之」と書き入れています。内海吉造の号は「松齢堂陶山」です、この作品のほかに、「内海吉造」を入れているものも多くあります。

作品の制作者 内海吉造と為絢社

内海吉造   天保2年(1831)生、明治18年(1885)歿

内海吉造は、祖父が再興九谷の吉田屋窯で活躍した陶画工 鍋屋丈助、また、父が民山窯の赤絵の陶画工として活躍した鍋屋吉兵衛でした。幼少より父から色絵、赤絵金彩を学び、さらに、絵画を狩野派絵師 佐々木泉龍から学びました。

内海吉造は江戸の末期から作陶活動を始めていて、後期の小野窯で絵付を行い、慶応3年(1867)に加賀藩が殖産興業のために卯辰山山麓に興した藩窯「陶器所並陶器竃」に任田徳次とともに従事しました。

明治2年(1869)に阿部碧海と共に阿部碧海窯を開き、その絵付工場長に就きました。明治13年にこの工場を引き継ぎ、為絢社(後述)を設立しました。この工場を通して、多くの名工、例えば、岩波玉山、春名繁春八木甚作らを世に送り出し、また門下に友田安清らがいました。

この陶歴から、明治初期の金沢九谷の基礎を築いた名工の一人とされています。

 為絢社  明治13年(1880)~明治16年(1883)

為絢社は、明治13年(1880)に阿部碧海窯の絵付工場長であった内海吉造がその絵付工場を引き継いで設立されました。

吉造は、阿部碧海窯の卸先であった、円中孫平、松勘商店、鏑木商舗谷口金陽堂などの金沢の陶器商人からの注文を請けて、多くの名工が制作した優品を内外に送り出しました。

この絵付工場で制作された美麗で精巧な作品は藤岡岩花堂と為絢社の二窯でしかできなかったといわれました。

特に、明治12年(1879)頃から洋絵の具が本格的に使われはじめ、人物、花鳥、山水などを美麗に描くことができるようになったので、為絢社でも、斎田道開(伊三郎)の広めた百老手の作品を内外に向けて制作し、為絢社の代表的画風となりました。この画風は細かな唐人物を無数に並べて描き、衣の文様を洋絵の具で様々に彩り金線も加えました。地にも工夫を加え、金溜め(渋みと艶やかさをかねそなえた金色に近い溜(ため)色)としました。その精巧さや仕上げなどから、当時、一世を風靡していた能美九谷を上回る称賛を得るようになりました。

管理№ 200113525B
展示開始年月日 2020.5.3
売却 検討中
備考