秋山駒次郎 金彩割取人物草花図皿

作品の解説

割取の構図、盛金、白盛(白の“盛り絵の具”そのものを指す場合もあります)による絵付、細密画など、明治後半までに生み出された九谷焼独特の技法や絵の具を使って絵付されています。

二つの割取の中に人物図が、また別の割取の中に草花図が細密に描かれています。金彩や金襴手、あるいは盛金や白盛の技法で装飾しているため、手の込んだ中皿です。

サイズ 径 約17.9cm 高さ 約2.3cm

状態  キズ、擦れ、割れ(その修復も含む)なし

一つの割取には、物語調の絵付がされ、何かを持つ侍と対峙する別の侍、二人を見守る家来たちが綿密に描かれています。

 

もう一方の割取には、舟に乗って富士の山を見物して戻る女性たちや船着き場ののどかな情景が描かれています。侍たちの情景とは対照的な描き方です。

全体的にも、金彩の侍の袴、細書きされた亀甲模様の石垣、盛金で輝く茅葺の屋根や松や柳の枝などが繊細な筆遣いで描かれています。

明治中頃から盛んになった白盛の技法がされています。この作品では、帆の白さやその膨らみ、羊歯(しだ)の裏白(長寿や一家繁栄を表すおめでたいものを意味しました)のような草の葉にも白盛を用いて、素地の色と微妙な対比をしています。

銘は「九谷/秋山製」と書き入れています。ほかにも「秋山堂」「秋山駒次郎商店」などがあります。

作品の制作者

秋山駒次郎   文久3年(1863)生 ?歿

秋山駒次郎は加賀藩士 飯森正道の次男として生まれ、明治8年(1863)、石川県勧業試験場に入り、初代 須田菁華らと共に陶画を学び、明治13年(1880)に修了しました。さらに、絵画を学んで、優品の制作で誇る窯元 藤岡岩花堂に入りました。

明治16年(1883)、松本佐平の松雲堂に入り、明治41年(1908)に閉じるまで職工長として活躍しました。(明治21年(1888)に佐平の義弟 秋山平作の女婿となりました。)

松本佐平の養子となった初代 松本佐吉によって松雲堂が引き継がれたとき、秋山駒次郎は再びその工場長となり、自らも優れた作品を制作したといわれます。

管理№ 19083108
展示開始年月日 2020.5.15
売却 検討中
備考