八木甚作(開匠軒甚作製)金襴手牡丹草花図皿

作品の解説

金襴手によって“牡丹と草花”の図が一面に描かれ、縁が文様で飾られています。背景には空白を細かい点で埋める石目打ちの技法が微かに見てとれます。構図的には、師の内海吉造作の「金襴手牡丹に雀図皿」によく似ています。

サイズ 幅 約20.8cm 高さ 約2cm

状態 金彩に薄くなっている部分があります。うらに窯キズがあります。

上から垂れ下がる枝の下には、牡丹の大輪と、その周りを囲む他の花が描かれています。特徴的には、黒や濃い灰色の葉の上から金で葉脈が細かに描いていることです。こうして、赤が引き立ち、落ち着いた感じを与えるため、赤絵一点張りの明治初期の作品とは異なるところがあります。

中皿や小皿の裏面には図案や文様が描かれるのが珍しいのですが、この作品の裏面では輪のない七宝文を繋げて一回りしています。

七宝繋ぎ文を描いたのは、その意味を踏まえて、金沢や粟生村で知り合った人々とのご縁や繋がりを大切にしようとした制作者の気持ちが込められているようです。屋号「開匠軒」と合わせて意味のある文様です。

銘は「九谷/開匠軒甚作製」と書き入れられています。この屋号は、金沢で修業した後、能美の粟生村に戻ってからつけられたといいますから、窯を開いて、そこで近隣の子弟に自分の持っている技術を開放し、陶画工を育てたいという八木の“匠としての情熱”がうかがえられます。

作品の制作者

八木甚作    嘉永2年(1849)生、明治39年(1906)歿

八木甚作は、文久3年(1863)、15才のとき、粟生村の市川嘉右衛門に陶画を学び、後に金沢に出て内海吉造の下で画風の改良を研究し、内海の高弟とまでいわれるようになりました。ほかにも書、日本画を学びました。

明治6年(1873)、寺井粟生村(石川県能美郡に存在した村 現在の能美市粟生町。)に帰り、窯を開いて開匠軒と称しました。

八木甚作は、粟生村に戻ると、窯を開き、近隣の陶画工を広く育成したため、明治中期以降、八木の門弟らによって佐野の赤絵系と金沢系の着画が盛んであったといわれます。

管理№ 19103111A
展示開始年月日 2020.5.21
売却 検討中
備考