米田五三郎 色絵金彩恵比寿図皿

作品の解説

この作品は合わせ箱に入れられて縁起物として受け継がれてきたようです。五枚の皿に描かれた恵比寿様の表情と全体から受ける雰囲気に親しみを感じ、大事にされてきたと思われます。

これは、北前船によって商売繁栄がもたらされた加賀国では、恵比寿様が漁業や商業の神様として信仰され、九谷焼の置物、飾り皿、酒器、銘々皿などの“おめでたい縁起物”の題材として取り上げられたことに由来していると考えられます。

サイズ 径約14.9~15cm 高さ約3~3.1cm

状態 欠け、キズなどはなく、金彩の擦れがあります。

恵比寿様は“恵比須顔”(恵比須神のように目を細めてうれしそうに笑っている顔つき、表情のこと)でも知られますが、その表情を描くのが難く、職人たちは“恵比須顔”に仕上げるのに苦労したといわれます。そして、顔の表情、福耳、鯛を手にして釣竿や魚籠(びく)を担いだ姿から福々しさを感じてもらうことを研究したようです。

こうしたことを考えると、米田五三郎の描いた五枚の恵比寿様の表情を見ると、“恵比寿顔”が丁寧に描かれ、一つ一つ見ていると面白く、周りに縁起物である“宝尽くし”の文様で飾ったことで、より一層縁起を担いだ仕上げになっています。

立体的な白い波文様にも目がいきます。恵比寿様の足元に打ち寄せる小波に油絵のような筆致が見られ、さらに皿の縁の三か所にも波の文様を、いずれも白い絵の具(白盛)で盛りあげています。

この技法は、明治26年(1893)友田安清が開発した白の顔料“白盛”によって、繊細な文様の中に白盛で白く盛り付けをして、素地や周りとの微妙な色の対比をする表現が可能になりました。

五寸(約15cm)ほどのこの皿の成形は、平面の見込みの圏線を境に外に反った口縁となり、さらにその口縁の端を3㎜ほど立ち上がらせています。

古九谷の“二段鉢”にも似た手の込んだものであり、明治時代に大量生産された中小の皿では珍しい成形です。おそらく、石膏型か型押しによる成形であると考えられます。

銘は「九谷/米田」です。このほか「九谷/米田製」「大日本九谷造/米田画」などがあります。

作品の制作者

米田五三郎  生年歿年不明

米田五三郎(初代)は寺井根上村の陶器商人でした。米田は、明治初め、工芸品として有名になった八幡の置物を広く販売したことから八幡の窯元から信頼され、次第に、九谷焼の花器、香炉なども扱うようになりました。

ある記録によれば、明治21年、荒木探令(狩野派画家)、山本光一(江戸琳派の絵師)が招かれ、九谷焼の画法の改善を促し、技術水準の向上を図るための指導が行われたとき、亀多山月、初代 須田菁華らとともに参加したといいます。このことから、明治20年代には、米田五三郎が九谷焼の製造に係っていたことがうかがわれます。その後、明治40年(1907)、米田陶香堂を創設しました。

米田陶香堂

1907年(明治40年)創業してから現在に至るまで、九谷焼の製造・販売を続けています。

置物、花器、香炉などの九谷焼を製造し全国に販売した時期もありましたが、現在は置物の専門窯として事業を続けています。

管理№ 19031503
展示開始年月日 2020.5.24
売却 検討中
備考