制作者不詳の所蔵品

制作者不詳の所蔵品

制作者不詳 倣古九谷梅の図変形鉢

見込みの意匠を見て、枝が複雑にからんだ梅につけた紅い花から清楚な香りを漂ってくるようです。そして、梅の花とその香りを楽しんでいる老人の情感も感じ取れます。こうした作風は、明治に入ってから、名工たちが古九谷を思慕してうまれました。 (続く)

 

制作者不詳 網の手金魚図菓子鉢

鉢の内側に縁から見込みにかけ網の目がだんだんと細かくなっていきます。この細描を“網の手”と呼び、極少ない陶画工らによって、明治九谷の赤絵細描において一つの画風を創り出しました。(続く)