制作者不詳 網の手金魚図菓子鉢

作品の解説

鉢の内側に縁から見込みにかけ網の目がだんだんと細かくなっていきます。この細描を“網の手”と呼び、極少ない陶画工らによって、明治九谷の赤絵細描において一つの画風を創り出しました。

外側の全面に巡らせられた“赤玉瓔珞文”(あかだまようらくもん)もこの作品の特徴です。

サイズ 径約18.7cm 高さ約7.3cm

網目がだんだんと細かくなる“網の手”の文様は少し離れてみると、グラデーションのように見えます。薄く見える網の底で数匹の金魚が浮かんでいるかのように見え、泳いでいる姿、小さな黒目も可愛く描かれ、鱗が細かく銀彩され、柔らかに光っています。

外側を巡らせている赤玉瓔珞文は、赤玉文と瓔珞文とが一緒に描かれるようになって、共に吉祥文として使われました。瓔珞文については焼き物の文様になったのは江戸時代からで、明治になって佐野赤絵で取り入れられた理由は魔除けの意味があった赤で瓔珞文を描くことによって、当時流行った疫病の鎮静を願うためであったといわれます。

銘は赤で塗り潰された「九谷」の文字が書き入れられています。

こうした銘の入れ方は明治九谷に多くあり、「九谷」のほか「福」がありました。斉田道開も同様な書き入れ方をしていて、名前を銘に書き入れるようになったのは道開の門弟からでした。

この作品が収められている箱には「宮本屋窯/網に金魚図」と書かれていますが、この鉢が宮本屋窯の作品とは異なります。宮本屋窯の画風は中国風の高尚な赤絵細描画を小紋などで埋め尽くして描くもので、そこに金彩を加えた様式(八郎手)であることで有名です。おそらく、この「網の手金魚図菓子鉢」が伝世されるうちに、赤絵細描画だけを見て「宮本屋窯」と箱書きされたものと思われます。

制作者 不詳

“網の手”は、斉田道開(寛政8年-明治元年1794-1868 陶歴について後述)によって創められ、斉田道開から門人の道本七郎右衛門、初代 橋田与三郎初代 富田松鶴(三郎平)らに受け継がれました。

“赤玉瓔珞文”(あかだまようらくもん)は、斉田道開の門弟、道本七郎右衛門、初代 富田松鶴が見込みや側面に描いた作品があります。

斉田道開の直弟子たち

斉田道解の画風を受け継いだ上絵の画工として、斉田伊三郎(二代)、斉田忠蔵(伊三郎の弟 忠三郎の子)、多賀太三右衛門、亀田平次郎(山月) 、今川間右衛門(初代)、冨田三郎平(松鶴) 、西本源平(初代)、橋田与三郎(初代) 、三川徳平、道本七郎右衛門、田辺徳右衛門、米田宗左衛門、麻右衛門など数多くいました。

管理№ 18101115
展示開始年月日 2020.6.13
売却 検討中
備考