陶器商人 井上商店 陶源堂

井上商店 屋号「陶源堂」

【業歴】

明治10年(1877)開店、(廃業)?

初代 井上勝作(天保13年(1842)生、明治42年(1909)歿)は、藩政の末期から江沼地方の産物である、山中の漆器を中心にこの地方の産物を商っていましたが、明治10年(1877)頃に陶磁器専門の商人となり、井上商店の基礎を築き上げました。江沼地方を販売基盤にして京阪方面にも多くの顧客、小売店を得て、明治38年(1905)頃には江沼地方随一の陶器商人となりました。

初代は金沢から陶画工を招いて、地元の北出窯、蘇川窯などの素地に絵付をした製品を自家生産しました。例えば、銘「井上製 雪山堂画」をもつ、大きく見事な輸出用の花瓶(鶏声磯ヶ谷美術館所蔵)は金沢九谷の名工 赤丸雪山が絵付したものです。

三代 井上隆平(明治18年(1885)生、大正11年(1922)歿)は、若死にした二代 隆平の後を継いで、すでに江沼随一の陶器商人として精力的に製品を開発しました。素地を北出窯、松田窯、寿楽窯、八幡の窯元などから仕入れ、専属の陶画工が絵付して、関西を主として全国の陶器商、貿易業者に卸売りしました。

特に井上商店を有名にさせた製品は、伊万里、京焼を中心に国内各地の色絵の名品を研究して、その特色を取り入れた製品です。中でも伊万里風や柿右衛門風の作品は本歌を凌いだといわれ、大聖寺伊万里と呼ばれた製品の名声は欧米まで広がったといわれます。

また、明治45年(1911)、九谷村の旧窯を復興するために巨資を投じ、製品を開発しました。九谷村の原石を用い、山代の大蔵寿楽の高弟 宮崎作松ら熟練の陶工数名を招いて素地を作り、福山虎松らをして古九谷風の絵付をさせ、古九谷に類似した製品を作りました。このほかも、吉田屋窯、永楽風などの倣古品を作り、盛んに販売をしました。

【所蔵品】

永楽風金襴手染付茶碗

 

解説 茶碗の内側に染付で松竹梅の図、外側には金襴手の地に白抜きされた窓三つに草花図が描かれています。染付と金襴手との調和のとれた永楽風の倣古品です。

口径約9.2cm 高さ約5.7cm

銘「陶源」

キズや欠けもなく良い状態です

管理№ 2004291A
売却 希望価格 5800円(送料別)
備考 合わせ箱付き