陶器商人 円中組 円中孫平

円中組 円中孫平

業歴

円中(まるなか)組(主宰者 円中孫平) 慶応3年(1857)~明治43年(1910)

円中組は、慶応3年(1867)に円中孫平が大阪で貿易商社を創立したのが始まりで、円中が亡くなるまで事業が続けられました。その間、海外での活動を通して、石川県の各種産業の向上発展のために大きな功績を残しました。

円中組は、明治に入ると、九谷焼の貿易に乗り出し、阿部碧海窯の製品(コーヒーセット、茶器、食皿、菓子皿など)を取扱い、長崎と神戸の支店から輸出しました。また、名工の春名繁春、八田逸山らが陶画工として従事し、また多くの名工を抱えていた為絢社に注文して輸出しました。パリやニューヨークに円中組の支店が設けられ、九谷焼、金沢銅器が盛んに輸出されました。

明治6年(1873)、政府によって、技術や製品の品質において西洋の新技術を習得するため、各分野の技術伝習生77人がウイーン万国博覧会へ派遣されたとき、伝習生らは、ワグネルから様々な指導を受け、欧州各地の窯場で調査研究し、石膏型による成型法、水金(みずきん 陶磁器表面の金彩色に用いる上絵付け絵の具)、テレビン油などの顔料や釉薬の技術を身につけて帰国しました。後に、彼らの多くは「円中組」にも関わることになりました。

明治9年(1876)、孫平自身がフィラデルフィア万国博覧会に出向いて、陶磁器、銅器、漆器、生絲、製茶などの販路拡張に努め、このとき、孫平は納富介次郎と出会いました。その後、孫平が九谷焼の輸出に目を向け、“ジャパンクタニ”を世界へ発信することに尽力することになったのは、納富介次郎とのこのときの出会いがあったからといわれます。

“円中組製の九谷焼”は、納富の技術的指導を得て、細密で金色を多く用いた豪華なものとの定評が生まれ、欧米で“ジャパンクタニ”として高い評価を得ました。外国人の眼で輸出品の選別をさせたりするなど、率先して海外貿易の発展に努め、石川県の各種産業の向上発展のために大きな功績を残しました。孫平の信念は「良品を作り、外国で売るのは日本のため」というものでした。

所蔵品 

円中製/逸山画 赤絵金彩花鳥図蓋付物入れ

*所蔵品の解説は名工 八田逸山において掲載予定です。