陶器商人 酢屋久平 清雪堂

酢屋久平  清雪堂

生歿年不明

業歴

酢屋久平は、小松の代々続いていた酢の製造業の傍らに、文久元年(1861)、小松木江に窯を築いて製陶業を始めました。しかし、収支がともなわず廃業しましたが、慶応元年(1865)、肥前、尾張などから陶磁器を仕入れて陶磁器の販売を始めました。

明治10年(1877)以降、九谷焼も取り扱うようになりました。九谷焼の販売促進のために、明治13年、小松での博覧会を機に、粗製乱造の弊害を改めようと、松本佐平、数人の陶器商人らと協力して品質の向上に努力しました。さらに、明治15年(1882)、納富介次郎の意見を聞いて、陶業同盟を結ぼうとした首唱者の一人となりました。

明治16年(1883)、神戸の外国商館へ売込みおよび直輸出のため、店舗を設け、自ら神戸に移りました。

所蔵品

 

解説 全面を金襴手で覆うのではなく、見込みにピンクと金彩でつがいの孔雀を描いてから、縁に向かってやや薄い赤で柘榴や花を描き、そして金襴手で縁取っています。こうして、羽根を拡げた孔雀がスーッと目に入ってきます。

径21.3cm 高さ約3.3cm

銘「九谷/酢屋製」

キズや欠けもなく良い状態です

管理№ 1912061
売却 売却済み
備考 保存用木箱付き