明治九谷の特色2.日本画のような図案

明治6年(1873年)のウイーン万博では、日本から陶磁器・七宝・漆器などの伝統工芸品が出品されると、それらは諸外国から高い評価を得ました。しかしながら、明治9年(1876)のフィラデルフィア(1876年)万博に向け、明治九谷には日本画のような図案、芸術的で日本的な美麗さと繊細さを持った工芸品であることが求められました。

江戸期の古九谷、再興九谷には「九谷は絵付を離れて存在しない」といわれるとおり、その独特な絵付に特色がありました。確かに、その絵付は、縁文様と見込み文様、あるいは地文様という形式をとり、その見込文様は文様というよりも絵画的で、山水、風景、花鳥、牡丹、鳳風、幾何学文などが描かれていることが特色でした。

ところが、明治時代になると、絵付は陶画と呼ばれるほど、より絵画に近づくことが求められました。明治期の「日本の絵画」は洋画の対義語として「日本画」の概念が生まれ、「日本画」とは狩野派や琳派など日本の伝統的美意識や技法を引き継いだ絵画と考えられるになりました。同時に、工芸品の制作工程においても“デザインすること”が重要であると唱えられ、万国博覧会出品や明治初期の輸出品である磁器の図案にも日本画的芸術的な表現方法が取り入れられました。

こうした時代の要請に応えるために、明治九谷にも日本画的芸術的な表現方法が取り入れるように対応が求められました。例えば、金沢の阿部碧海窯では、小寺椿山、春名繁春、笹田友山、津田南皐、清水清閑、飯山華亭、柏 華渓など日本画を学んだことのある優れた陶画工が絵付を行いましたが、その後、彼らが独立して、明治九谷の名工となりました。また、能美の亀多山月の作品には、見込みに狩野派の絵のような図案が描かれ、外側の面にも日本画を思わせる筆遣いで“竹に雀”と“牡丹の花”が描かれています。典型的な例では、能美の石田一郷は京都で日本画家 田中一華から日本画を学んで帰郷し、日本画を業としたところ、周囲からの勧めで九谷焼の絵付業を始めたといわれます。多くの作品には日本画のような絵付けがされました。

なお、このウエブサイトに掲載されている多くの名工による名品の中から、春名繁春の作品を紹介します。参照;加長軒製 赤絵金彩庭籠草花図皿