明治九谷の特色3.輸出九谷の陶器商人

欧米との交易経験のなかった日本でしたが、明治九谷は輸出に牽引されて大きく発展しました。明治九谷に関連した諸事業を実施したのが多くの陶器商人でした。その中で先駆者的な二人が円中孫平と綿野吉二でした。

円中孫平は、明治初期に海外の製造技術を九谷焼に応用することに着目し、また磁器の製造技術に精通していた納富介次郎(日本の工芸および工芸教育を切り拓いた元佐賀藩士)に技術指導を受け、品質の高い“ジャパンクタニ”を世界へ広げることに尽力しました。その後、“円中組製の九谷焼”は、細密で金色を多く用いた豪華なものであるとの定評が広がり、欧米で高い評価を得ました。これを契機に、他の陶器商人らは、欧米の嗜好を素早く取り込んだ図案を絵付けするように陶画工に依頼し、明治九谷の輸出を拡げたといいます。(参照;陶器商人 円中組 円中孫平

もう一人は、綿野吉二です。産業九谷と呼ばれるまでに明治九谷の生産規模が拡大して行きましたが、明治10 年代後半(1880 年代頃)に入ると“ジャパンクタニ”のブームが下火になり、輸出不振に直面しました。この不振の原因は、粗製濫造が起こって不評を買っていたこと、外国の嗜好の変化に対応できていなかったことなどであったといわれます。こうした課題に素早く捉え対応したのが一部の陶器商人と名工でした。

欧米の海外市場における販売情報(嗜好の変化やクレーム)が国内に迅速に伝達されるように仕組みを考えたのが陶器商人の綿野吉二、円中孫次たちでした。同時に、綿野吉二は国内問題の解決のために陶磁器業界での近代的な産業制度を導入しました。松本佐平、藤岡岩花堂らと協力して、品質向上のための教育と絵付の指導を図り、また陶画工の資格試験制度を作りました。また綿野吉二は自らいくつかの錦窯をもった工房「天籟堂」を開き、そこに名工らを集めて、高品質な明治九谷を制作しました。(参照;陶器商人 綿野吉二商店 綿野吉二