円中製 逸山画 金襴手花鳥図蓋付小物入

作品の解説

やや大き目の蓋のある湯呑のような成形で、蓋とともに文様と姿形の整った小物入れです。こうした小も入れは、欧米ではキャンディやボンボンを入れるために使われたようです。

蓋物も含め、小さな器体の面一杯に花鳥図が細描きされ、蓋と本体が一体として描かれた金襴手の文様で飾られています。

サイズ 本体;口径 約5.2cm 蓋を含めた高さ 約10.3cm

蓋;径 約6cm

明治初期の輸出九谷によく見られた花鳥図を小さな器体の全面に細描きされているところは日本画のような趣があります。絵の具も多彩に使われていて明治九谷特有の図案に仕上がっています。

蓋の摘みが如意宝珠(*)にかたどられ、その表面を金襴手で塗られています。その文様が本体にも被るように描かれているところは瑞雲のように見えます。如意宝珠と瑞雲との組み合わせはこれ以上のない縁起ものを表しています。西欧諸国でそれほどの意味を感じさせたか不明ですが、眼には綺麗に映ったのは確かです。

*欲するがまゝに種々の宝物をつくりだすといわれる貴重な玉の意

 

裏銘は「円中製/逸山画」と書き入れられています。円中は円中孫平のことで、明治初期・中期の先駆者的な陶器商人の一人です。欧米の嗜好を捉えていた円中が八田逸山に依頼して制作した、正に逸品です。

作品の制作者

作品の制作者については「八田逸山の所蔵品と陶歴」を検索してください。

 

管理№ 1911101A
展示開始年月日 2020.9.27
売却 検討中
備考