笹田 友山の所蔵品と陶歴

笹田 友山の所蔵品

① 盛金色絵松竹梅図三つ組鉢

この三つ組の鉢では松竹梅の図や文様が少しずつ大きさを変えて三つの鉢に描かれています。繊細な筆致で多彩な色を使って松竹梅図などが絵付され、金で加飾(盛金)されています。・・・(続く)・・・

 

② 色絵文様鳳図鉢

見た瞬間の印象は倣古九谷の作品のように見えます。鉢の内と外に九谷五彩を万遍なく使って、鳳図、菊花、黒呉須を使った櫛目の文様、宝尽くし文などが・・・(続く)・・・

 

③ 色絵金彩百老図カップアンドソーサー

笹田 友山はエッグシェル(卵殻手)の素地を使って無数の人物が描かれたカップアンドソーサーを制作しました。(中略)友山はただそれだけで終わらず、エッグシェルの薄い縁には内と外を金襴手によって加飾しています。・・・(続く)・・・

笹田 友山の陶歴

笹田 友山(蔵二)  天保11年(1840)生、大正3年(1914)歿

笹田 友山は幼少より陶画を学び、明治5年(1872)32歳のとき、絵付工場を起しました。明治10年(1887)、東京で開催された第一回内国勧業博覧会において受賞しましたが、翌年にその工場を閉じ、為絢社と藤岡岩花堂で制作活動を続けて経験を積み、陶画業を再開しました。

友山の作品は、明治15年(1882)同時代の清水 美山が盛金の技法を開発して以降、次第に金で装飾したものが作品に多くなったといわれます。

門人に竹内 安久、八田 逸山など優れた陶画工がいました。